ダイエット中に体重が落ちにくくなる原因と対処方法

順調に体重が落ちていると思ったら、急にそれが止まってしまった!

運動を怠ったわけでも、カロリーの高いものを食べたわけでもないのに、このような停滞期が訪れた経験はあるのではないでしょうか。

実は、ダイエットではよくあることです。

体重が落ちなくなる原因

運動によるカロリー消費と、食事制限による摂取カロリーの不足が続くと、脳は「体が飢餓状態」だと判断します。

こうなると、体は脂肪を一生懸命に蓄えよう(落とさないようにしよう)とするので、急に体重が落ちにくくなります。

参考:体重は一ヶ月にどのくらいまで落としていいのか?

対処方法

上記のような状態を抜け出す方法は「たくさん食べること」です。カロリーを多く取ることで、脳が「飢餓状態」の判断を解除してくれます。

体重を気にしてやや多めに食べる程度では効果がありません。思いきってお腹いっぱい食べることが大切です。

食事制限が大きな原因なので、運動はいつも通り続けていても大丈夫です。たくさん食べた日も、ウォーキングなどの軽い運動は続けましょう。

 

一時的にリバウンドはしてしまいますが、さらなる体重減少を目指すためには、あえて食べることも必要になります。

目標体重に近づいているなら、ダイエットそのものを一時休止するのも一つの手です。

ハイパーシェイプ

株式会社ワムのハイパーシェイプ

ハイパーシェイプは、引き締めによるサイズダウン効果が大きいため、急激な体重の減少を抑えつつ、スリムな体を目指すことができます。

安心してサロン選びをして頂くために…