胃・肝臓などの消化器管が及ぼす肌への影響

消化器管の調子は、肌の調子に影響を及ぼします。

連日の飲み会などが続き、胃や肝臓などの消化器管が弱ってくると、各消化器管での十分な消化や腸内での栄養の合成をうまく行えず、肌に必要な栄養素を届けることが困難になります。

結果として肌荒れやニキビなどのトラブルが増えてきます。

 

特に、以下の点には気をつけましょう。

暴飲暴食

食べ過ぎ・飲み過ぎは過剰に胃腸と肝臓を働かせてしまいます。量もですが、高タンパク・高脂肪な食材にも気をつけましょう。

大豆製品やしじみは肝臓に良いので、飲み会などが続いた時は「しじみの味噌汁」がおすすめです。

ストレス

胃潰瘍や腸炎など、ストレスが消化器管に悪影響を及ぼす事例はありがちです。特に、精神的ストレスは、ホルモンバランスの乱れや活性酸素の増加にもつながります。

適度な運動や休養をとってリフレッシュしましょう。

お腹の冷え

お腹の冷えは善玉菌の活動を弱めてしまい、腸内環境を悪くします。

そんな時は、ハイパーナイフでお腹を温め、腸内環境を改善していきましょう。(参考:ハイパーナイフで善玉菌の活動を促しす

 

株式会社ワムのハイパーナイフ

美肌のためには、外だけでなく内側からのケアにも注意が必要です。

スポンサーリンク