急なダイエットは危険!体重は一ヶ月にどのくらいまで落としていいのか?

ダイエットしなきゃ!痩せてやる!!

危機感や怒りなどの「負の感情」によってダイエットを決心する人は多いです。 しかし、こういったモチベーションでダイエットをすると、短期的な成功率はかなり高いです。

(たとえば 毎日2食抜く・・・など)

しかし、急激に体重を落とすことにはリスクがあります。

急なダイエットの危険性

食事制限にしろ、運動にしろ、今まで足りていた栄養が急に不足すれば、様々な体調不良を招きます。

ホルモンバランスも崩れ、男性は体臭や抜け毛の原因に。女性の場合は生理不順、不妊症の原因に。

そして最悪の場合、不整脈や心臓麻痺を起こしてしまいます。

理想的なダイエットのペース

体重を元に戻さない(リバウンドしない)ためには、1ヶ月に現在の体重の5%以内を落とすのが理想的とされています。

例えば、50㎏の人で2.5㎏、60kgの人であれば3Kgまで1ヶ月で落としても問題ないということです。このペースで体重を落としていくことができれば、半年以内に10kg落とすことができます。

ダイエット停滞期

これ以上のペースで体重を落とそうとすると、体は飢餓状態になると思い込み、基礎代謝を押さえて生命を維持しようとします。

こうなるとカロリーが消費されにくくなるので、体重が途端に落ちにくくなってきます。(自然現象なので、身体の状態としては正常な証拠です。)

このような状態をダイエット用語で「ホメオスタシス(恒常性)」「ダイエット停滞期」と呼んだりしています。

一気に体重は落とせない?

もちろん「1ヶ月で10kg落とした!」なんていうことも可能ですが、今度はリバウンドしないための努力が必要になります。

前述のように、人間の体には「ホメオスタシス(恒常性)」があるので、長く維持してきた元の体型に戻ろうとする力が働いてきます。

もちろんリバウンドしない努力で、体型を維持し続けられる人もいますが。

無理なく痩せていくには、体重の5%以内を目指すのがいいと思います!

 

【PR】DMKでダイエットサポート

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

「ケイ素」を摂ることで、カラダに脂肪がつきにくくなってきます。

DMKは水溶性ケイ素なので、栄養として摂取されやすく、その乳化作用により脂肪を溶かしやすくしてくれます。です。

おまけにケイ素は肌や爪に必要な美容ミネラルです。ダイエットの強い味方に活用ください。

 

リンク