極端な糖質制限ダイエットをすると陥いるドライフラワー症候群とは?

ドライフラワーとは?

糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)によって陥る症状。

痩せたけど髪や肌がカサカサし、美容から逆に遠ざかってしまう状態のことです。

・・・なぜこのような症状になってしまうのでしょうか?

糖質には多くの水分がくっつく

私たちが摂取した炭水化物は、エネルギー源となる糖質として筋肉や内臓に貯蓄されます。

この糖質にはたくさんの水分も一緒にくっついています。

およそ糖質の4倍くらいの量の水がくっついています。

極端な例ですが、1kgの糖質を摂取すれば、それにくっついて4kgの水分が蓄えられます。

糖質には体内に水を蓄える重要な働きもあるのです。

糖質を抜くと痩せる

2〜3日ほど炭水化物を抜くだけで、体重は2〜3kg落ちます。

しかしこれは体の中の糖質と、糖質にくっついていた水分が抜けるからです。

たとえば1kg分の糖質をカットすれば4kgの水分も抜け、合計5kgの体重が落ちます。

体が乾燥する

前述のように、糖質を制限すれば(炭水化物を抜けば)必ず痩せます。

しかし、これは体内の水分が抜けたことによる体重の減少です。

よって体重は落ちたけど、肌がカサカサになってしまう。

美容・健康には良くない状態に陥ってしまうのです。

対策

糖質をカットしたとしても、落ちるのは水分。脂肪を燃焼させるためには水分も必要なので、どんどん脂肪を燃焼しづらくなってしまいます。

定説ですが「糖質で太る」のではなく「血糖値の急上昇」によって太ります。

例えば、食べる順番を工夫する(食事の始めに野菜を食べる)だけでも、血糖値の急上昇を抑えられます。

 

DMK(ケイ素サプリメント)

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

糖質はカラダには必要な栄養素です。「全く摂取しない」あるいは「控えすぎ」というのもNGです。

DMKは水溶性ケイ素により脂質を乳化させるので、脂肪としてカラダにつくことを防いでくれます。

 

リンク