食べたつもりで満腹感!AR(拡張現実)ダイエット

ARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されます。

実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を「仮想的に拡張する」というものです。

AR(拡張現実)

ARを使ったサービスの最近の例としてあげられるのは、スマホ用ゲーム「ポケモンGO」でしょう。

筆者も体験しましたが、登場したポケモンがスマホ画面内で目の前の風景に重なって表示されることで、あたかも「ポケモンたちが現実世界に現れたかのような実在感」が出てきます。

味覚・嗅覚も再現させる

最近では視覚だけでなく、味覚や嗅覚を仮想的に拡張する技術が発展しています。

電気刺激により塩味のするフォークや、容器に匂いを閉じ込めることでコーラの香りを放つカップなども商品化が進んでいます。

そして、この技術はダイエットに応用されはじめています。

ARダイエット

例えば、よりリアルな食べ物の映像を映し出し、それをフォークで刺して口に入れる。この時、フォークからは甘味の刺激が流れ、ディフューザーからはケーキの匂いが放たれる。

あたかもケーキを食べた気になり、仮想的に満腹感を実感することができます。

これなら、いくら食べても飲んでも太る心配はないですね。

ダイエットや糖尿病で甘いものを控えていると、どうしてもその味が恋しくなってしまいます。
そんな人達にはうってつけのアイデアと言えるでしょう。

DMK(ケイ素サプリメント)

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

(本物の)甘いもの・脂っこいものを食べたい時は、一緒にDMKを摂取しましょう。

水溶性ケイ素は脂肪を乳化してくれるので、カラダに脂肪をつきにくくしてくれます。

 

リンク