お風呂場の中での保湿ケアが最高の乾燥肌対策

一日の中で、肌が最も潤うタイミングは、お風呂場の中です。

密封された空間に水蒸気がこもるので、湿度は100%(露天)状態です。当然ながら、私たちの肌も、最も潤った状態になっています。

風呂場の中で乾燥が気になったことはありませんよね。

最も効果的に保湿ケアができ、乾燥肌対策ができるのは「お風呂場の中」なんです。

風呂上がりから一気に水が抜けていく

風呂場から一歩でも外に出た瞬間から、肌の水分は一気に抜けていきます。

また、お風呂上がりはお湯や石鹸によって皮脂が落ちてしまっているので、なにもスキンケアをしないでいると、お風呂に入る前よりも乾燥した状態になってしまいます。

そのタイムリミットは3分とも言われています。このリミットが来る前に、肌の水分を少しでも長くとどめておくためのケアができるのは、お風呂場の中なんです。

お風呂場から出る直前に乳液を

お風呂場の中で 化粧水・乳液・クリームと、完璧なスキンケアをする必要はありません。大切なのは、お風呂場でたっぷり含まれた肌の水分が、逃げていかないようにすることです。

方法としては、お風呂場から出る直前に、薄く乳液を塗布しておきます。

以上です。

たったこれだけで、お風呂上がりの乾燥を驚くほど防ぐことができます。

最後は保湿ケアを

お風呂から上がったあとは、通常のスキンケアも行ってください。10分以内にクリームまで塗ることができれば、かなりの量の水分を肌に閉じ込めておくことができます。

あらかじめお風呂場に乳液のボトルを1本 置いておけばいいので、今日からでも始められますね。

 

メソセラム(生コラーゲン美容液)

list_img08

年末年始は、平均湿度が一年で最も低い(=乾燥している)時期です。

メソセラムは、通常の美容液の2倍の保水力をもつ、生コラーゲン美容液です。乾燥知らずのスキンケアをして、最高の新年を迎えましょう。

 

リンク