自然派・オーガニック・無添加って何?化粧品の総称について

どれも肌に優しそう・安心そう・効果ありそうというイメージがありますが、それを保証するものではありません。

以下に、それぞれの意味と特徴をまとめました。

自然派化粧品

合成成分ではなく、植物や動物から抽出した成分(天然由来成分)を配合して精製された化粧品です。

肌に優しいイメージですが、抽出の方法や製法によっても性質が変わってきます。そのため、天然由来の化粧品なら絶対に肌への刺激がなく、安心と言い切れるものではないのです。
製法にかなりこだわっている化粧品もあれば、合成成分にほんの少しだけ天然由来の成分を混ぜて”自然派”と謳っている化粧品もあります。

オーガニック化粧品

無農薬栽培で育てられた植物を使用した化粧品です。完全にオーガニック植物だけで作られた化粧品もあります。

肌に優しいイメージを抱く方も多いようですが、実際は植物だけで化粧品を作るのは困難なため、オーガニック植物の成分が配合された普通の化粧品です。

とはいえ、農薬や化学肥料を使わず厳しい環境下で育った植物なので美容成分が豊富です。

無添加化粧品

旧厚生省が定めたアレルギーなどを引き起こす可能性のある成分(表示指定成分)を配合していない化粧品が無添加化粧品と呼ばれています。

しかし、表示指定成分が制定された後に開発された成分をはいごうしても「無添加」を打ち出すことはできます。

しかし、そのような成分でも表示指定成分より肌によくないものはあります。

無添加だから必ずしも「安全」というわけではありません。

 

メソセラム(生コラーゲン美容液)

list_img08

メソセラムは製法にこだわった天然由来の美容成分をふんだんに配合しつつも、無着色・無香料・無添加で安心・安全を追求した美容液です。

ぜひお試しください。

リンク