基礎代謝の何パーセントが筋肉で消費されているのか

ダイエットの基本は、摂取エネルギーより消費エネルギーを多くすることです。そして、1日の消費エネルギーのじつに7割を占めているのが基礎代謝です。

基礎代謝

基礎代謝とは、心臓をはじめとし、各内臓や脳、血液の流れ、呼吸など、生命活動に最低限必要となる消費エネルギーのことです。ようするに、特に何もしていなくても消費されるエネルギーです。もちろん、この基礎代謝には筋肉もふくまれます。

 

筋肉は基礎代謝として消費されるエネルギーのうち何パーセントの割合を占めているのでしょうか。

筋肉→約40%

基礎代謝のうち約40%ものエネルギーが「筋肉を維持するため」に消費されています。

ダイエットには消費エネルギーを増やすことが重要なポイントです。筋肉量があるほど基礎代謝がアップし、何もしていなくてもエネルギー消費を行えます。

逆に、筋肉量が少なければ基礎代謝が下がってしまい、脂肪燃焼しにくく(=太りやすく)なってしまいます。

運動選手のような筋トレは必要ありませんが、ある程度の筋トレは必要です。

インナーマッスル

特に、深層部の筋肉「インナーマッスル」は内臓・骨格を支え続けている筋肉のため、基礎代謝として消費されるエネルギー量も大きいです。

 

株式会社ワムのハイパーウェーブ

とはいえ、深部にあるインナーマッスルは通常の筋トレでは鍛えにくいものです。

効率良くインナーマッスルを鍛えるなら、トレーニングマシン「ハイパーウェーブ」の強力なEMSがおすすめです。

安心してサロン選びをして頂くために…