ハイパーウェーブを受けるおすすめの頻度

痩せるなら

インナーマッスルを動かすことで脂肪を燃焼させていきます。

痩身目的とする場合、頻度よりもタイミングが重要になります。

女性は生理の都合により1ヶ月の中で脂肪を付けやすい時期と、燃焼させやすい時期があります。

また、1年の中にも痩せやすい時期があります。ちなみに寒い時期のほうが脂肪は燃えやすいです。

意図的に痩せやすいタイミングをつくるなら、糖質制限をしている時などがおすすめです。

この時にハイパーウェーブを受けると、効率が上がります。

鍛えるなら

1~2週間に1回くらいの頻度で受けてインナーマッスルを鍛えていきます。

インナーマッスルは姿勢維持筋とも呼ばれ、立っているだけでも使われる筋肉です。

普通に生活をしていれば、簡単には衰えないのも特徴です。

徐々にインナーマッスルが増えると、基礎代謝が上がっていきます。

冷えの改善やリバウンドの防止になります。

腸内改善するなら

ハイパーウェーブの特徴はお腹の6点EMSにより腸セラピーが可能なことです。

じつはとても人気のメニューです。

便秘がひどい人は、最初は週1~2回の頻度で通ってみてください。

受けた後2~3日でもお通じの状況に変化がみられることが多いです。

この間に食事などを見直してみてください。

便秘が改善されてきたら、間隔を広げていっても大丈夫です。

お通じはデトックスの8割を担うので、美肌にもなります。

引き締め

アウターマッスルも鍛えることができます。

1週間に1回の頻度で通いつつ、タンパク質の多い食事を組み合わせていくと早く結果が現れます。

ハイパーウェーブは、ピンポイントの筋肉を鍛えることができます。

自重トレーニングでは難しい部位を鍛えるのにおすすめです。

ただし部分痩せには効果が弱いので、その場合はハイパーナイフを検討ください。

家庭用のハイパーウェーブホームもあります。

自宅での部位トレーニングに活用できます。▼

 

安心してサロン選びをして頂くために…