40歳になってからの体脂肪を減らしてくれる食事

年齢ととも体の脂肪って気になってきますよね。

歳をとるにつれて筋力が衰えて「代謝」が悪くなっていきます。
代謝が落ちていくと脂肪を燃やす力も減るので、必然的に体脂肪も着きやすくなってきます。

今回は、代謝が落ちてしまい体脂肪がドンドン着いていく”40代”から気にするべき体脂肪と減らしてくれる食事について解説していきます。

気にするべきは体重よりも体脂肪

「体重」について常にチェックしているかもしれませんが「体脂肪率」もチェックできていますか?

ダイエット的にも健康的な観点からも、体重より体脂肪を気にする方がよいのです。

40代からは筋肉が落ちて、その箇所に脂肪がつくからです。

脂肪の方が筋肉よりも軽いので、結果として体重は下がり体脂肪率が上がります。

なので、外見は細いのに体脂肪が多いという人が増えてきます。

体重などと一緒に体脂肪率を計れる器具などがあれば、自分の体脂肪が標準かどうかすぐにでもチェックしてみるべきです。

標準体脂肪率

標準とされる体脂肪率は40歳から59歳の場合…

男性は18%~22%

女性は29%~35%

とされています。

体重が標準値であろうとも体脂肪率が標準値を超えてしまっていたらダイエットが必要なのです。

ちなみに体脂肪にも皮下脂肪と内臓脂肪という2種類があります。

以下で体脂肪を減らす食事方法を紹介していますが、特にどちらを減らすという訳ではありません。

ただ皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が落ちやすいという性質があるにはあります。

食事で体脂肪を減らす方法って?

体脂肪を減らすのに効果的な食品はズバリ植物性食品。

植物性食品とは…

  • 野菜
  • 果物
  • 豆類、
  • 海藻類
  • 穀類
  • 種子類
  • キノコ類

これらの植物性食品は、低カロリー、低脂肪、低コレステロール、低糖質であるにもかかわらず、ダイエットに欠かせない食物繊維が豊富。

ビタミン、ミネラル、酵素、タンパク質など人間の体に必要な栄養素をバランス良く含んでいる頼もしい存在です。

植物性食品は食べても体脂肪に変わりにくく、なおかつ体内に蓄積された脂肪を燃焼させる働きもあります。

 

ここで重要なポイントは『最初に』植物性食品でお腹を満たすこと。

最初の栄養を特に強く吸収します。

炭水化物や脂質が最初にお腹に入ってしまうと、一気に脂肪が蓄積されていきます。

例えば「サラダ」が出ていても、付け合わせとして小鉢に入った野菜をちょっと食べて、白米や肉魚系の料理などでお腹を満たしていたと思います。

サラダを最初に食べることをオススメします。

朝ごはんがトーストや卵料理、コーヒーなどだった人は、新鮮なフルーツだけを最初に食べてみてください。

これだけでも一気に体脂肪率の上昇が抑えられます。

ハイパーウェーブ

株式会社ワムのハイパーウェーブ

脂肪燃焼を担う筋肉『インナーマッスル』を鍛えていくと代謝を上げることができます。

ハイパーウェーブは強力なEMSで、深部にあるインナーマッスルを直接鍛えることができます。

ちなみに家庭用もあります▼

株式会社ワムのハイパーウェーブ・ホーム

 

安心してサロン選びをして頂くために…