ダイエットの仕組み ~インプットとアウトプット~

ダイエットの仕組み

体重計に乗って、自分が重たくなっていることが分かってから、焦ってダイエットを始める人がたくさんいます。

いきなり食事を食べなくなったり、ジョギングでハードに走りこむ人も少なくありません。

しかし、突然に普段の生活と異なることをすると、慣れていない身体は追いつかず悲鳴を上げてしまいます。

いきなりの食事制限は栄養失調になったり、リバウンドによる体重増加も心配されます。また、ジョギングも突然始めると膝を痛めて歩くことさえ、きつくなることもあるのです。

 

効果的なダイエットにするためには、その仕組みを理解するところから始めると良いでしょう。

ダイエットは、簡単にいうとエネルギーのインプット、アウトプットをコントロールすることです。

 

インプット

インプットとは、エネルギー補給のことで食事をすることです。まずは、食事を制限してエネルギーをカットするのですが、いきなり食事を極端に食べないことをすると、身体がびっくりします。

このような制限に耐え切れず食事を再開すると、今までエネルギー吸収を渇望していた身体が一気に吸収し始めるために、ひまんになってしまいます。

したがって、1日3食のパターンは、規則正しく取るものの脂肪になりやすい食材は適度な量に抑えることが必要なのです。

特にごはん類、麺類は夜に少し量を控えることが効果的です。

朝、昼は普通の量で構いません。

 

アウトプット

次はアウトプットです。身体に蓄積された脂肪を燃焼することがダイエットの基本となります。

そのためには、有酸素運動がおすすめなのですが、確かにジョギングも有酸素運動の一つになります。

一定時間、身体を動かし続けることで、脂肪の燃焼が始まってきます。

しかし、ジョギングも未経験者の人にとっては辛いもので、膝を痛めたり、呼吸困難になる恐れがあります。

初心者にとっては、ウォーキング、歩くことから始めましょう。ただ、歩くだけとあなどってはいけません。

短時間のジョギングより30分のウォーキングの方が効果があります。

但し、少し息切れしそうなレベルで早歩きすることが、より高い効果が期待できます。

歩くこと自体は誰でも普通に行っていることですから、通勤の行き帰りに一つ手前の駅で降りて、歩く時間、距離を伸ばすなど、ちょっとした工夫でいい運動になります。

 

このような無理のないダイエット方法で無理なく少しずつ体重を落とすことが理想なのです。

よく言われるように、適度な食事と適度な運動がダイエットにいいいのです。

 

株式会社ワムのハイパーウェーブ

ハイパーウェーブは寝ているだけで運動の何倍もの効果を実現できる痩身機器です。

インナーマッスルも鍛えられ、効率よく引き締まったボディラインを作ることができます。