脂肪が溜まりすぎるとどうなる?悪化すれば肝硬変やがんにも!?

肥大化する脂肪細胞

どんどん蓄えられていく脂肪にも、限界はあります。

すでに一定の割合の脂肪細胞が蓄えらえた状態で、さらなるカロリーの摂取があると、脂肪細胞はさらに増えるのではなく、肥大化していきます。

肥大化した脂肪細胞は炎症を起こします。

炎症を起こした脂肪細胞

炎症を起こした脂肪脂肪は白血球によって分解されます。この分解された脂肪脂肪は血中に流れ込むと、肝臓へたどり着きます。もともと肝臓は脂肪を蓄える機能を持っており、正常の肝臓は通常なら3~5%の脂肪が蓄えられています。

脂肪の炎症と分解が繰り返えされ、肝臓に30%以上の脂肪が蓄えられてしまった状態を、脂肪肝と呼びます。

脂肪肝とは

肝臓に脂肪やコレステロールが溜まった肝臓の肥満症とも言える状態です。脂肪肝になると、肝臓を構成する細胞の中が脂肪で埋め尽くされてしまうため血流が悪くなります。酸素や栄養が肝臓全体に上手くいきわたらなくなり、肝細胞が破壊されたり肝臓自体の機能が低下したりします。

放置し、悪化すると肝硬変や肝臓ガンの原因になります。

肥満になったら要注意

肝臓は「7割以上の細胞が壊れないと自覚症状が出ない」とされています。そのため、脂肪肝の状態では自覚症状はほとんどありません。

BMI・体脂肪率を計測し「肥満」と判断したら、脂肪肝も疑い始めましょう。

参考:BMI値はいくつ以上が肥満なの?

脂肪肝にはハイパーウェーブ

脂肪は運動によって燃焼されます。肝臓などの内蔵についた脂肪は、お腹や背中の脂肪に比べて燃焼が早いので、食事制限よりも運動による脂肪燃焼が効果的です。

 

株式会社ワムのハイパーウェーブ

ハイパーウェーブは最新のEMSによって筋肉運動を促進し、短時間でもダイエットに効果的なカロリー消費を実現できるので、脂肪肝の改善におすすめです。

新商品発売中!!