サロンを新規オープンしたら地域への挨拶まわりを

自分のサロンを知ってもらうための宣伝活動として、新規オープンしたら必ずやっていただきたいのは「地域の人への挨拶回り」です。

挨拶の徹底

地域密着で経営するサロン様の多くは、オープン時に近隣住民へのご挨拶はすると思います。
しかし、最近では日中を留守にする方は多く、インターホンを押しても出てこない場合が多いです。実際は、50軒も挨拶できればいい方でしょう。
だからこそ、挨拶を徹底できるサロンは、オープン当初から集客することができます。

2000軒以上

オープン初日から1ヶ月も予約満席を実現したエステサロン様があります。
新店舗をオープンするにあたり、スタッフ総出で数日を費やし、合計2000軒以上の挨拶に回りました。

サロンのスタッフは魅力的で「素敵な挨拶」をしてくれる人ばかりです。挨拶回りでファンになり、来店してくれるお客様が非常に多かったようです。

お店の雰囲気が一番大切

サロンは人が商品です。施術も接待も、人が行うものだからです。
「お店の雰囲気が一番大切」と思ってお店を選ぶお客様はたくさんいらっしゃいます。

そして、お店の雰囲気は外装・内装だけでなく、そこで働くスタッフの雰囲気も含まれます。

だからこそ、オープン時にはスタッフが積極的に挨拶回りをして、お店の雰囲気を伝えていくことが高い宣伝効果を発揮します。

ポイント

個人で開業する場合でも、最低100軒以上は挨拶回りに行きましょう。また、疲れたからといって、表情や言動を崩さないように気をつけましょう。

「こんな雰囲気のお店には行きたくない」そう思われてしまったら、宣伝活動が裏目に出てしまい、集客効果が減ってしまいます。

 

スポンサーリンク