脳科学を利用した効果的なダイエット方法

脳を鍛える

ダイエットの天敵である脂肪の蓄積は脳の命令によるものです。脳は様々な複雑な情報を処理していまのあなたの体を作っています。

脳を鍛えるか鍛えないかで、私達の体に大きく影響を及ぼすのです。今回は脳を鍛えて体脂肪を減らす方法をお伝えします。

それは糖質の制限です。人間の脳にとって糖質というのは、依存対象となるものです。

気づいたら甘いものを食べてしまっている。食事にはご飯がないと落ち着かない。実は、糖質中毒という病気すらあるほど、糖は脳にとって恐ろしいものなのです。

糖質カットで脳トレ

糖の摂り過ぎは理性の抑制を衰えさせて、体内に脂肪を蓄積させてしまう原因を作ってしまうのです。

そうならないためにもまずは、糖分をカットしてください。

具体的に説明しますと、炭水化物のカットが脳科学の上で脳の理性の抑制を鍛えることになります。

集中力や理性を司る前頭葉が活性化し厚くなるそうです。

ケトン体

炭水化物は人間の体内に分解されて最終的にブドウ糖という糖分になります。

この糖分を我慢することが、誘惑に打ち勝つ脳のトレーニングになるわけです。

糖分をカットすることで頭が回らないのではないかと心配する方もいらっしゃいますが、ご安心ください。

体内に糖が足りないと人間はケトン体というブドウ糖(糖分)に匹敵する栄養素を作り出し、それは脂肪を分解させることによって補うことができます。

糖分を20%カットした食事制限を行うことで、脳の理性のコントロールを鍛えるだけではなく、溜まった脂肪も燃焼させることができるのです。

 

もちろん糖分は脳の活動におけるの重要なエネルギー源です。20%以上の制限は脳の活動を阻害してしまうので注意してください。

ぜひこの機会に炭水化物抜きダイエットで脳も一緒に鍛えましょう!

 

img_pick05_on

手っ取り早く体を鍛えたいなら最新技術のトレーニングマシンを試してみてください。

 

 

リンク