花粉症に効く食材をDMK(ケイ素サプリメント)で効率的に体内へ吸収させる

早い人はこの時期から「花粉症」がつらいという人も多いと思います。
長い人は4月頃迄続く人もいるみたいですね。

反応する花粉によっても違いますが、3月が一番ピークではないでしょうか。
また薬を飲んでいる人も多いと思いますが、だるくなってしまったり、眠くなったりと
何かと大変だと思います。

できれば薬を服用しないで対応できないかということで…「花粉症」に効果的な
食材を探してみました。

ヨーグルト

花粉症の原因でもあるIgE抗体というものの活動を抑制してくれる働きがあります。
その他のアレルギーにも効くみたいです。

たまねぎ

ポリフェノールの一種であるケルセチンを含んでいて花粉症の改善に効果を発揮します。

納豆

納豆には多くの分解酵素が含まれており、それらの働きが花粉症を改善してくれる手助
けをしてくれます。

しそ

葉で食べるとある程度の量が必要(5~6枚程度)ですが、しそジュースなどにして飲むと十分摂取できそうです。こちらもたまねぎ同様、ポリフェノールの一種であるロズマリン酸が花粉症を抑える働きをしてくれます。

レンコン

以前テレビでやっていたこともあると思いますが、ムチンという物質が腸のバランスを
整えてくれます。

 

ケイ素

食材を取ればいいわけではありません。食材の中の花粉症に効果のある栄養を吸収しなければ意味はありません。

特に春は急な温度変化で自律神経が乱れ、腸の機能が低下してしまいます。ケイ素には食材の消化・分解を促進し、体へ栄養を吸収しやすくする働きがあります。

花粉症に効く食材は他にもまだまだあります。とはいえ食事をすべて花粉症対策の材料に置き換えては、せっかくの食事が楽しめないですよね。自分の好きな食材だけを摂取し、効率よく対策していきたいですね。

 

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

DMKは食事と一緒にケイ素も摂取でき、栄養の吸収効率を高めます。

 

 

リンク