目の疲れや視力の低下にはアイソロジー(眼精疲労ケア)が効果的

最近、注目されているのがスマホやパソコン作業による眼精疲労です。

スマホ老眼という言葉も一般的になり、年齢に関係なく、ピントの調節が上手くいかずに細かい文字が読み辛い、目がかすむ、頭痛がする、肩がこるなどの症状に多くの人が悩まされています。

眼精疲労ケア(アイソロジー)

眼精疲労とは、かすみ目やドライアイ、外に出ると光を眩しく感じる、目が痛い、頭痛や肩こりがひどいなどの症状をいいます。

パソコンやスマホのブルーライトの影響や、花粉など外気の汚れが原因のこともありますが、近視や遠視、乱視なども眼精疲労の原因となります。

ケア方法

眼精疲労のケア方法は、目の周囲の血行を良くするオイルなどでマッサージを行います。

目のまわりは皮は薄くて敏感なので、自分でケアするのは難しい部位です。

やはり、プロのエステティシャンの手を借りるのが賢明と言えるでしょう。

目を酷使すると、目のまわりの筋肉だけでなく肩や首のコリなども引き起こすため、定期的に目の周辺をケアすることで、眼精疲労を未然に防ぐことができます。

自分に合ったサロンを選ぼう

人の手によって癒されるのは気持ちがよいものです。

目や目元の不快症状が続いているようなら、目の周辺のケアに限っておこなう専門の美容院や、エステサロンのリラクゼーションメニューから選んで、自分に合ったアイソロジーを受けてみてはいかがでしょうか。

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

眼精疲労は首や肩の緊張(こり)を招きます。一度こってしまった筋肉をほぐすには高周波温熱機器の「ハイパーナイフ」がおすすめです。

アイソロジーとハイパーナイフで長引く肩こりを解消していきましょう。

参考:自分でできる目のアイソロジー(眼精疲労ケア)

 

リンク