自分でできる目のアイソロジー(眼精疲労ケア)

自分でできる目のケア

【ホットタオルで温める】
家庭でも目が疲れた時はホットタオルでケアすると、スマホ老眼の予防と改善になります。

【充血しているときは温冷パックをおこなう】
目が充血している場合は、温かいタオルと冷たいタオルを交互に目に当てると改善できます。

【目元のマッサージ】
両方の眉頭を両方の人差し指の腹で軽く押します。同じようにと眉尻も押します。

【目玉のマッサージ】
目玉をくるくる回したり、目をギュッと閉じて、パッと開くなど目に刺激を与えます。

【ピント合わせレッスン】
近くの物を見たり遠くのものを見たりします。

スマホやパソコンを長時間続けると、目の神経が疲れるので、時々は遠くの景色などをながめて、ピントの調整をおこなうようにします。

【目によい食べ物を摂る】
ビタミンAを含むニンジンやレバー、ウナギアントシアニンを含む、ブルーベリーなどを摂るようにしましょう。

【姿勢を正す】
パソコン作業をするときなどに、首を突き出して目を細めておこなうと、目に悪いだけでなく目元のシワや眉間のシワも増やしてしまいます。

テレビを見るときや読書をするときに寝転ぶのは、目の疲労度を高めてしまいます。

まとめ

現代人のほとんどが何らかの目のトラブルに悩ませられていると言われています。

専門のサロンなどでケアする方法もありますが、日常の生活を見直すことで改善することができます。

寝転んでテレビを見たりスマホを操作すると片側の目に負担をかけてしまいます。

目の健康は体全体の健康にかかわってくるので、いつも気にかけるようにしましょう。

 

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

眼精疲労は首や肩の緊張(こり)を招きます。一度こってしまった筋肉をほぐすには高周波温熱機器の「ハイパーナイフ」がおすすめです。

アイソロジーとハイパーナイフで長引く肩こりを解消していきましょう。

 

安心してサロン選びをして頂くために…