ヨーグルトパックのやり方【食べても美肌】

食品のヨーグルトがパックになるという手軽さも人気の理由のヨーグルトパック。

その美容効果と作り方、やり方を紹介します。

ヨーグルトパックの効果

ヨーグルトに含まれている乳酸はAHAといって、ゆるやかな「ピーリング効果」があると言われています。

ホエーも含まれており、角層の状態を整え「ターンオーバーを正常にする」役割があります。

乾燥によるシミやくすみを改善し「透明感あふれる美肌」へ導きます。

乳酸菌は、雑菌の増殖を防ぐ効果があります。ニキビ肌の原因となる「アクネ菌の増殖を防ぐ」効果が期待できるため、肌荒れに悩んでいる方におすすめです。

ヨーグルトパックのやり方

ヨーグルトをただ顔に塗るだけでは垂れてくるので、小麦粉を混ぜるといいでしょう。

使うヨーグルトは、プレーンヨーグルトがおすすめです。
無脂肪よりも、脂肪の入ったヨーグルトを使うと、毛穴が引き締まる効果が高くなります。

それを顔に塗り、10〜15分置いておくだけ。終わったらしっかり流しましょう。

ちょい足し・・・

先ほど作ったヨーグルトパックにココアの粉を混ぜるとより効果的です。

ポリフェノールにはアンチエイジング効果がありますし、ココア自体に炎症を抑える成分が含まれるため、肌荒れにも効果を発揮します。

チョコレートパックやココアパックも有名です。

注意点

①毎日はやらない

ヨーグルトには脂肪分も多いので、毎日やってると肌がテカテカになってしまいます。2〜3日に一回くらいにしましょう。

②紫外線対策をすること

ヨーグルトパックにはピーリング効果もあるので、紫外線の影響を受けやすくなります。紫外線対策をしっかりしましょう。

③アレルギーに注意

ヨーグルトはアレルギー食品です。
人によって合う合わないはあるので、試してみて合わないと思ったらやめましょう。

普通に食べても美肌効果あり

パックをして余った分は、美味しく召し上がってください。

ヨーグルトによる整腸作用は、そのまま美肌効果につながります。

内からも外からもケアしていきましょう。

ヨーグルトは毎日どのくらい食べればいい?目的によって違う摂取量

2020年9月8日

腸セラピーにはEMSもおすすめです。

ハイパーウェーブ・ホーム』は、回転式パットと深部にまで届くEMSによって “腸マッサージ” も可能にします。

お通じが良くなり、美肌効果も期待できます。

ぜひ自宅でのトレーニングにも活用ください。

 

安心してサロン選びをして頂くために…