シミの原因は紫外線?ストレス?【外的要因と内的要因】

いよいよ夏本番レベルの日差しが来ましたね!
そんな時に迫りくる女性の天敵!シミの原因についてご紹介致します。

シミの原因

シミは顔にできる淡褐色または、暗褐色の色素班です。

形は不規則で境界が比較的はっきりしています。

一般的には紫外線が原因とされていますが、その他にもいくかの原因があります。

①紫外線
紫外線に当たることで、メラニンの増殖が起こり、シミになることがあります。

②外的刺激
皮膚に対して、強過ぎるマッサージなど過剰な摩擦を与えるとシミになることがあります、、

③ストレス
シミができやすい人は心の悩みやストレスを抱えていることが多くあります。
ストレスが脳下垂体を刺激し、メラノサイト刺激ホルモンを分泌するためです。

④合成化粧品
皮膚にとっての異物はシミの原因となり、メイクアップ料が原因になることもあります。

⑤ホルモンの変調
妊娠、出産、更年期のホルモンバランスの乱れはシミを引き起こすことがあります。
妊娠の場合は妊娠 1〜2ヶ月目にシミが目立つようになります。

このようなシミは妊娠性肝斑と呼ばれ、通常は分娩後 2〜3ヶ月すると自然に消えます。

⑥内臓機能の低下
加齢により肝臓・卵巣の機能が低下すると、日光に対して皮膚の反応が敏感になるため、シミができやすくなり、特に中年以降の女性に多く見られます。

まとめ

おおまかには外的要因・内的要因があります。どんなに紫外線対策をしていても、肝機能が低下しているとわずかな日照だけでシミができてしまいます。

どっちの影響を強く受けているのか、理解してシミ対策をしていきましょう。

 

【PR】株式会社ワムのホームエステセット

美容液「メソセラムプライム」には、リンゴ幹細胞が配合されており 紫外線のダメージを受けた細胞をターンオーバーで排出していきます。

ぜひ今のうちからホームエステで 肌ダメージのケアをしていきましょう。

専用美顔器 無料貸出!株式会社ワムのホームエステセット

リンク