【目からも紫外線が!】日本人の顔は日焼けしやすい

肌に炎症を起こさせたり、髪をパサつかせたりと、様々な悪影響をもたらす紫外線。

紫外線が強くなるにつれ、UVクリームやスプレーで意識的に対策をとっている人も多いと思いますが、意外と目に関しては無防備になっていないでしょうか。

目から浴びる紫外線

じつは「目から浴びる紫外線」が肌の日焼けの一因となることが、明らかになっています。

脳は目から入る光によって、視界に入る物の色や形、明るさといった様々な情報を取得しています。

紫外線を含んだ強い日差しが目に入ると、察知した脳が防御反応を示し、体内に「メラニン色素」を作るよう命令を出すのです。

この「メラニン色素」は、紫外線から皮膚や体内の細胞を守るために生成されるものですが、過剰につくられると肌を浅黒くさせたり、シミやそばかすの原因になることもあります。

日本人は日焼けしやすい顔

さらに最新の研究では、「欧米人に比べて日本人は日焼けしやすい」ということが明らかになっています。

日本人の顔の骨格は欧米人よりも凹凸が少なく、様々な角度から光が侵入しやすいため、彼らの1.66倍の紫外線を浴びているという研究結果が出ているのです。

そのため、サングラスなどの外的ケアだけでは十分に対策できなくなります。

目からの日焼けには『日焼け止め効果のある食品』を摂取し、内側からの対策もオススメです。

食べて日焼け止め!紫外線から肌を守るおすすめ食材

2017年3月23日

 

メソセラムでメラニン対策

紫外線によって内部で生成されたメラニン色素は、沈着する前に外へ排出していくことが重要になります。

美容液メソセラムには、りんご幹細胞が配合されているので、肌の再生機能(ターンオーバー)を促進していきます。

紫外線によるダメージもケアできるのでおすすめです。

>>株式会社ワムのメソセラム(生コラーゲン美容液)

 

安心してサロン選びをして頂くために…