【非接触型エステ】ニューノーマル時代の新しいエステとは?

非接触型エステ

コロナ感染が再拡大している今。『非接触型エステ』という仕組みが考案され始めました。

これは、エステティシャンが手を触れずにお客様を施術する。というものです。

電極板で体を温めるラジオ波エステや、パッドから流れる電気信号で筋トレを促すEMSなどが、それに当たります。

セルフエステとは違う

「エステティシャンが手を触れずに」という点で、セルフエステも注目されていますが、非接触型エステとセルフエステは違うものになります。

非接触エステでは、原則として施術にスタッフが立ち会います。

カウンセリングなどを行い、マシンでの最適なプログラム提供する。「手で触れる」という点だけが機械施術に切り替わるものの、サービスとしては通常のエステになります。

選択肢のひとつ

もちろん、

  • やっぱりハンドマッサージしたい・されたい!!
  • いやいや 触れないエステってどうなの!?
  • 手で触れてこそのエステでしょ!

という方もいらっしゃると思います。

非接触型エステという仕組みは、あくまでも選択肢の一つです。なので、そういう方法もあるんだ〜 くらいに知っておいてもらえればと思います。

あとは、通っているお客様の反応や 今後の情勢に合わせて戦略を変えていけばよろしいかと思います。

【PR】非接触エステ対応の商材はこちら

ちなみにワムの商材で、非接触エステにも対応できるものは

になります。

どちらも美容・健康に効果のあるエステメニューで、コロナ禍でも多くのお問い合わせをいただいております。

ぜひ新しい打ち出しとして、ご検討いただけましたら幸いです。

 

リンク