エステの前にヒートマットを使うメリット

エステの前のヒートマット

ヒートマットや遠赤外線ドームは、痩身エステのコース中に必ずと言って良いほど組み込まれています。
暖かくて気持ちいいのですが、この間10〜30分はじっとしていなければならないので、ハンドや機械で直接脂肪にアプローチして欲しい人にとっては物足りないと思います。

ヒートマットで体を温めることには大きなメリットがあります。

エクリン腺からかく汗

体温調節や運動でかく汗は、皮膚の表面からかく汗で、老廃物をしっかり排出してくれる汗ではないそうです。

アポクリン腺から出る汗

これに対し、毛穴からかく汗は、老廃物はもちろん、毛穴に溜まった皮脂や汚れも押し流してくれます。
しかし、この汗腺は皮膚から深いところにあり、時間をかけてじっくり身体を温めないと開いてくれません。

ヒートマットで毛穴の汗腺を開かせる

ヒートマットや遠赤外線ドームは、体を芯から温めるので、毛穴の汗腺を開かせることが可能になります。

この時にかく汗は、運動してかく汗とは違ったどろどろとした感覚があります。これは老廃物や皮脂汚れを含んでいる汗が排出されるためです。

エステの効果もアップ

また、毛穴の汗腺が開いたことで、その後のハンドや機械で脂肪をアプローチした時の、デトックス効果が高まります。

体を中から綺麗にするためにも、ぜひヒートマットや遠赤外ドーム使ってからエステを受けることをおすすめします。

 

list_img03

ハイパーラドンマットは遠赤外線のなかでも一番体内に浸透しやすい4~14ミクロンの波長帯を効率良く放射します。

リンク