マスクは風予防にはならない!?

風邪の予防といえばマスクです。これからの季節、予防のためにと満員電車でマスクをつけている人もチラホラあらわれます。

しかし、風邪のウイルスはマスクの網目より小さいので、マスクは風邪予防にはなりません。

咳き込んでいる人には極力近づかないほうがいいでしょう。

口元の加湿で風邪予防になる

もちろん「マスクが風邪予防に全く効果がない!」かというと、そうではありません。

マスクをつけることで、呼気に含まれる水蒸気がこもるので、喉の潤いをキープすることができます。

潤いのある口内環境は、ウイルスを排出しやすくなります。

マスク自体でウイルスを遮断はできませんが、間接的に風邪予防にはなります。

風邪を引いたらマスク

マスクは風邪予防にはなりませんが、風邪を引いた場合は別です。

マスクによって咳やくしゃみに含まれる水滴とそこに含まれるウイルス、いわゆる「飛沫感染」を防ぐことができます。

風邪を引いた場合には、他者への感染を防ぐためにマスクは有効です。

 

免疫力アップ

疲れやストレスによって免疫力が低下することが風邪の一番の原因になります。

日ごろから免疫力を高めておくことが風邪予防に効果的です。

岩盤浴と同じ遠赤外線・マイナスイオンを発生させるハイパーラドンマットは、温熱効果・デトックス効果に加え、免疫細胞を活性化させる効果も期待できます。

【関連記事】ハイパーラドンマットで免疫力アップ

 

リンク