パワーナップとは?驚くべき「昼寝」の力

パワーナップ

一般的に15~30分程度の短い仮眠のことで、 この用語自体はコーネル大学(アメリカ)の社会心理学者ジェームス・マースによる造語です。

短時間の睡眠をあらわす『nap』と、powerupをかけたものです。

睡眠不足

「一日中とにかく眠い」
「仕事に熱が入らない」
「アイデアが浮かばない」
「会議に集中できない」

睡眠不足は生産性を最も落とす要因です。

この睡眠不足を吹き飛ばす1つの方法に「昼寝」があります。睡眠の研究家たちも「たった15〜20分の昼寝で信じられないほどの恩恵を得られる」と言っています。

短い昼寝の効果

昼寝に30分以内の仮眠を入れることで、眠気が吹き飛ぶのはもちろん、脳の処理能力が向上します。

これは、生産性を上げるために最も必要な「コンディション作り」でもあります。

パワーナップの方法

  • 昼寝スケジュールを事前に立てる
  • 効果的な時間帯は午後1時から3時の間
  • 30分以内のアラームを忘れずに!
  • 暗い部屋で寝るか、アイマスクをかける
  • 毛布などをかけて体を冷やさないようにする

定期的に昼寝するとストレスが軽減され、心臓病のリスクも低下する可能性があるとも言われています。

余談:30分以上眠るとどうなりますか?

「長い昼寝はNG」と言われていますが、記憶力を高め、創造性を高めるのに役立つことも研究によって示されています。

長い昼寝 (30〜60分) 何かを覚えたり、思い出すなどに適しています。

さらに長い昼寝(60〜90分)は、思考が整理・リセット・新しい神経接続回路の構築がさせるの、創造的な仕事の・アイデア出しなどの問題解決に効果的です。

 

ハイパーシェイプで睡眠の質を上げる

株式会社ワムのハイパーシェイプ

冬の睡眠不足は「冷え」が大きな原因になります。

ハイパーシェイプによる強力なマッサージは、セルライトを除去・血行不良を改善するので「冷え症」を改善してくれます。

「足が冷えて眠れない!」という人にはハイパーシェイプによる下半身ケアがおすすめです。

もちろん、睡眠の質が上がれば、日中の生産性はさらに向上します。

 

リンク