ハイパーナイフのメニューをうまく提案できるようになる方法

ハイパーナイフによるメニューは60分2〜3万円と高額です。

自分1人であれば、高額メニューの提供もなんとかやっていけるかも知れません。

しかし、スタッフも同じように高額メニューを提供できるか?と言われれると、もしかすると少し難しいかも知れませんね。

あるいは、あなた自身でさえ高額メニューを提供することに何らかの抵抗を感じているかも知れません。

今日は、高額商品を販売していく上で必要な「マインド」のお話をしていきたいと思います。

未経験のうしろめたさ

自分はその価格のメニューを受けたことがない!

自分が買ったことのない金額のものを誰かに売ろうとするのはすごく難しいんです。

例えば3000円〜5000円程度の施術しか受けたことがないのに3万円の施術を自分で販売しようとしてもやはり心の奥には

「ちょっとこれは自分だったら払えないかもなぁ・・・」という思いが生まれます。

相手もバカではありません。

あなたがそういったうしろめたさを感じていることくらい察します。

だから、気持ち的にも売りにくさを感じるし、実際売れないのです。

効果を実感する

しかし、実際に自分が3万円ぐらいの施術を受けて、さらにその施術によって本当に救われた、痩せた、綺麗になった、という経験があればあなた自身も「価格は高いかも知れないが、よい施術は本当に人のためになるんだ!」という実感が生まれます。

このマインドセットこそが高額メニューを販売する上で非常に重要なものになります。

高い金額のメニューを作るのであれば、一度ちゃんと自分でお金を払って、同程度の金額を払う経験をしてもらいたいと思います。

まとめ

せっかくハイパーナイフを導入したのなら、まずはスタッフの一人一人にも高額メニューの体験をしてもらってください。

「お客様の立場になる」という意味では、自費で行ってもらうのが一番なのですが、一部を経費として負担してあげてもいいでしょう。

製品:株式会社ワムのハイパーナイフ