食べて日焼け止め!紫外線から肌を守るおすすめ食材

肌老化を進行させるのが紫外線です。紫外線は1年中降り注いでいますが、とくに紫外線量が多い時期が5~8月です。日焼け止めや日傘などでの対策だけでなく、食べもので体の内側から対策をすることで、紫外線に負けない肌を作りましょう。

紫外線対策のために摂りたい成分

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素が発生すると、肌を守るためにメラニンが生成されたり、コラーゲンやエラスチンが変性します。

活性酸素から守るために摂りたい成分が、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化成分です。

おすすめの食材

かぼちゃはβカロテンとビタミンEを豊富に含む食材です。βカロテンは必要なだけ体内でビタミンAに変換されます。

トマトにはリコピンという抗酸化成分が含まれています。色が濃いトマトほどリコピンが多く含まれています。

キウイはビタミンCが豊富な果物です。1年中手に入りやすいですね。

チョコレートはニキビを増やすなど肌に悪そうですが、カカオ分70%以上の高カカオチョコレートには、カカオポリフェノールが豊富に含まれています。カカオポリフェノールには高い抗酸化作用があります。

いろいろな食材を食べよう

いろいろな食材を食べることで、さまざまな抗酸化成分を摂ることができます。成分によって働きが違うので、さまざまな食材を食べるようにしましょう。

 

DMKスティック
list_img15

DMKスティックには「ハスの花エキス」が配合されています。ハスの花エキスに含まれるアルカロイド成分は高い美白効果とメラニンの生成を抑制する効果があります。(参考:ハスの花エキスの美白効果

多くのお客様から「食べる日焼け止め」としてご愛用されています。

安心してサロン選びをして頂くために…