【間食・おやつがダイエットに良い理由】 低カロリーな間食で賢く痩せる

おやつや間食は、「ダイエットの敵!」なんて思っていませんか?

確かに、何も考えずに高カロリーのものをたくさん食べれば、太る原因になります。しかし、低カロリーな間食をうまく利用すれば、ダイエットの味方になってくれるのです。

間食・おやつがダイエットに良い理由

私たち、おおよその人が、1日に朝・昼・夕の3食を基本として食事をします。毎日規則正しく同じ時間に3食を食べているのであれば、体が慣れてくれるので空腹があまり起きなくなります。

でも、そうはいきません。忙しい日は、朝食を食べなかったり、昼食をずらしたりもします。そうなってくると、空腹な状態が起きてきます。

この空腹状態(=飢餓状態)というのは、太る原因になります。私たちの体は 空腹を感じると、エネルギー消費を減らし より多くのエネルギーを蓄えようとします。

その結果が脂肪の増加へとつながってしまうのです。

低カロリーな間食をうまく取り入れれば、空腹の時間を作らずに済みます。食べ過ぎることを防げるのです。

また、間食やおやつを禁止にするなどの我慢をすることによって、どうしても「ストレス」が溜まってしまいますよね。このストレスによって、ストレスホルモンが分泌されてくると、さらに太りやすい状態になってしまうのです。

間食があれば、食事でこの「我慢」をしなくて済むので、ストレスフリーになり、痩せやすくなります。

以下、ダイエット中におすすめの間食を紹介していきます。

するめシート

1つめは『するめシート』 42g/136cal

するめシートは、低カロリーな上に、たくさん噛むことになるので、満腹感にもつながりやすい優秀なフード。無印良品のものならバッグに入る大きさなので持ち運びも良いですよね◎

ゼリー

2つめは、『ゼリー』

ゼリーは水分が多く含まれているので、満腹感につながります。さらに、種類も豊富なので、毎日楽しむことができるのもポイント。

今は低カロリーで美味しいものが多く開発されているので、選り取り見取りですよね!

ブラックチョコレート

3つめは、『チョコレート』

チョコレートはだめじゃない?と思うかもしれませんが、ここで紹介するチョコレートは、カカオ含有率70%以上の濃いチョコレートです。

カカオ含有率70%以上のチョコレートを間食で食べることによって、食欲を抑える効果、便秘解消効果、代謝向上効果を得ることができるのです。

 

DMKスティック

DMKスティック(ケイ素サプリメント)

DMKスティックは、ケイ素だけでなくプラセンタやハスの花エキスなど、美白・美肌に良い成分が配合されています。グレープフルーツ味で食べやすいだけでなく、グレープフルーツの匂いにも食欲を抑える効果があります。

1本7kcalと低カロリーなので、「美容に良いおやつ」として活用ください。

 

安心してサロン選びをして頂くために…