自粛明けから伸びているインスタグラム集客

自粛中のSNSの費用対効果

自粛中は思ったよりもSNSを閲覧するユーザーが減ったようで、SNSの費用対効果は悪化していました。

弊社もSNS広告を配信していましたが、効果は半分くらいにまで下がっていました。

テレワークなどでパソコンを開く機会が増えたため、WEB検索が主流になっていたようです。逆にWEB広告の費用対効果は過去最高でした。

【結論!】緊急事態宣言(自粛)中でもサロンの広告は止めてはいけない

2020年6月2日

ユーザーが再びSNSに

自粛が明けた今。

少しずつ外出する機会が増えてきたことに伴い、SNSにユーザーが戻ってきています。弊社のSNS広告の効果も全盛期水準まで戻ってきています。

特に伸びているのがInstagramです。

Instagramをみて問い合わせ

実際に弊社のクライアント様も、自粛明けからInstagramでの集客が伸びています。

最近では気になったサロンのInstagramをチェックしてから予約するお客様が増えてきたようで、Instagramアカウントは、一種のホームページとしての立ち位置になってきています。

Go Toキャンペーンも始まり、今後もさらにInstagramを開くユーザーは増えてくると考えられます。

ぜひ、サロン集客の強化にInstagramを活用してみてください。

【注意】他の媒体も忘れずに

Instagramは確かにアクティブユーザー数が戻ってきていますが、それだけで集客できるわけではありません。

他の媒体での広告やホームページ、チラシなどをみて、その上でInstagramをチェックする流れになっています。他の媒体も手を抜かないように注意しましょう。

 

#ハイパーナイフ

Instagram集客にはビフォーアフターが重要です。
結果の出やすい痩身マシン ハイパーナイフで、多くのビフォーアフター(成功事例)を作成していってください。

最近 #ハイパーナイフ が10万件を突破しました!集客にも活用できる万能マシンです!

製品詳細:
株式会社ワムのハイパーナイフ®︎

 

リンク