逆効果になってしまう!?やってはいけない「小顔マッサージ」の方法

誰しもがなりたい小顔美人
毎日たった数分のマッサージを行うだけでも近づくことができるのです。

が、しかし!!

間違ったマッサージをしてしまうと、シミや吹き出物などの肌トラブルに繋がってしまいます。

本記事では、顔のマッサージのNG事例を紹介いたします。ぜひ、留意しておいてください。

クレンジングと一緒に

一石二鳥に思えますが、クレンジングをしながらのマッサージはNGです。

指の滑りはいいのですが、クレンジングは汚れを優しく浮かして流すもの。マッサージを兼ねるとクレンジングの時間が長過ぎてしまいます。

浮かせた汚れを肌全体に伸ばすことにもなるので、クレンジングとマッサージは別々を心がけましょう。

強くこすってしまう

肌を強くこするとシミの原因になってしまいます。むた、何もつけないと肌の摩擦が強すぎるため、必ずオイルなどをつけてマッサージをしましょう。

リンパマッサージなら、人差し指を使わないのがおススメです。中指と薬指、小指の3本を使うと力が入り過ぎません。

小鼻は形を潰さない強さが正しいリンパマッサージの強さなので目安にしてくださいね。

中途半端なリンパマッサージ

せっかく行ったリンパマッサージも、最後にリンパ節に老廃物を流さないとニキビや吹き出物ができてしまいます。

中途半端に終わらせないで、流した老廃物は耳下腺、鎖骨リンパ節に捨てるようにしましょう。

リンパマッサージのコツ

顔のリンパマッサージを行う際は、耳の前に集めてから耳のたぶのちょうど裏にあるくぼみへ、それから首の横を通って鎖骨リンパ節に流します。

耳の前から鎖骨へ流してもOKです。「必ず」最後は鎖骨リンパ節で終わってくださいね。

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

有吉のダレトクでも紹介されていた「ハイパーナイフフェイシャル」は、頬や顎下などの運動では落としづらい贅肉(脂肪)を高周波で温めることで落としいきます。

小顔・美肌・シミ・しわ対策と、トータルにケアできます。

【参考】ハイパーナイフの顔(フェイシャル)での効果

 

新商品発売中!!