エステサロンで施術時間を短くすることのメリット

エステサロンで顧客単価を上げる方法の一つとして「施術時間を短くする」方法があります。

これは1日に施術できるお客様の数を増やす(回転率を上げる)ことで、最終的な利益を上げていく経営戦略です。

この方法で成功されているオーナー様は多く、話を聞いてみると、施術時間を短くすることをメリットに感じるお客様は、意外と多いことを教えてもらいました。

通いやすい

一般的にエステは週2回通ってもらうことが理想です。
とはいえ、仕事や家事で忙しく、お金はあっても週2回通うことができないお客様はいます。

短時間でも施術できるメニューがあれば、忙しいお客様に対して「仕事後に30分!」「空いた時間に20分だけ!」という宣伝ができるようです。

時間に対する価値観

労働人口の減少により、生産性が重んじられるようになった現代では、時間の価値が高くなっています。

同じ効果を得られるなら、「より短い時間で効果を得たい!」という願望を持つ人が増えています。

特に、ダイエットや美肌などの結果を求めるメニューの場合、「同じ結果が得られるなら短い時間が良い!」と思う人は、かなり多くいらっしゃいます。

回転率

  • 高い客単価、高い利益率で回転が遅い
  • 低い客単価、低い利益率で回転が速い

この2つを比較すると、じつは後者の方が倍近い利益を上げられるそうです。

上述のように、時短に対して魅力を感じるお客様が増えています。

高い客単価、高い利益率で回転が速い」という、最も高い利益を上げる戦略も難しくはないのです。

もちろん、短い時間で満足してもらうための技術力は求められますが、ある程度、技術力にも自信がついてきたら、ぜひ「施術時間を短くする」経営戦略も考えてみてください。

リンク