ハイパーナイフを受けた翌日の過ごし方と気をつけるべきNG行動

ハイパーナイフを施術すると、通常のダイエットでは除去することが難しいセルライトまでしっかり届いて溶かしてくれます。

その効果の継続する期間は、だいたい3~4日です。

ハイパーナイフを施術した4日目までは効果が継続しているため、カラダは脂肪が燃焼しやすい状態となっています。

ハイパーナイフを受けた翌日

ハイパーナイフを受けた翌日も、まだまだ痩身効果は高いままです。

体内では老廃物を排出しようと代謝が活性化しているので、あまり無理はせずカラダを休めてあげることが大切になります。

ただし、まったく何もしないというのではなく長めにお風呂にはいったり、ウォーキングなど代謝を助ける行動をするのがおすすめです。

 

以下、少しでも効果を持続させるために、ハイパーナイフを受けた翌日に避けたいNG行動を4つ紹介します。

1.体を冷やさない

ハイパーナイフの温め効果によって、代謝が良くなり、老廃物や毒素を排出しやすい状態になっています。

カラダを冷やすと代謝が悪くなり、血流の悪化につながりやすいです。普段より意識して避けるようにしましょう。

脂肪燃焼効果のあるブラックコーヒーはおすすめですが、身体を冷やすという逆の効果もありますので、キンキンに冷えたアイスコーヒーは避けたほうがいいです。

2.普段より体を動かさない

好転反応によってカラダが少しだるくなることもあります。辛いからといって普段よりカラダを動かさないこともなるべく避けましょう。

軽い運動は、血流やリンパの流れも活発になります。

後、ずっと家にいると お菓子や間食の誘惑もやってきます。

3.刺激物を控える

辛いものが好きという方もいますよね。

”極端に辛いもの” は、ハイパーナイフ施術の翌日は避けることとよいでしょう。

辛いものは発汗作用を高めますが、その後にカラダを冷やしてしまいます。

4.何も食べない

結果を求めるあまり『絶食』あるいは『過剰に食事を減らす』する人もいるみたいです。

これではカラダを壊してしまいます。

さらに言えば、タンパク質などは脂肪の分解に必要な栄養素でもあります。食事に気を使うのは良いですが、方向を間違えないよう正しいアドバイスをもらいましょう。

 

【PR】ハイパーナイフは優良店での施術を推奨しています。

ハイパーナイフの正規品を導入しているサロン様で、推奨している水準以上の技術を取得しているサロン様には、優良認定店認定証および認証マークを進呈しています。

優良認定店制度に関して|株式会社ワム

 

リンク