むくみはカラダからの警告!デトックス機能が低下する3つ原因

デトックスとはつまり、体内に溜まった老廃物(有害物質)を体外に排出し、スムーズな代謝を行えるカラダにすることです。

人間にはこの「デトックス機能」が備わっています。たとえば、肝臓で有害物質を無毒化したり、腎臓で血液を濾過したり、汗・尿・便などと一緒に必要のないものを排出する仕組みがデトックスです。

デトックス機能が低下すると、体内にたまった不要な物質を排出できず「むくみ」「疲労」「肌荒れ」、慢性化すると生活習慣病や動脈硬化にもつながります。

 

この、デトックス機能が低下する大きな原因は3つあります。

1. 冷え

体内の老廃物はリンパ管を巡って排出されます。体が冷えると、全身の血液循環が悪くなってしまうということはイメージできると思いますが、冷えはリンパ液の循環も滞らせてしまいます。

また、冷えが続くと汗もかきにくくなってしまうので、デトックス機能はさらに低下してしまいます。

2. 運動不足

リンパ管は血管と違い収縮機能がありません。そのためリンパ液を循環させるには、運動によってリンパ管の周囲の筋肉を動かし、間接的に収縮させる必要があります。

そのため、運動不足が続き、筋肉を使わないとリンパ液の循環が悪くなってしまいます。

3. セルライト

脂肪細胞に老廃物が蓄積すると、脂肪細胞が固まりセルライトが形成されます。セルライトは血管・リンパ管の流れを阻害してしまいます。

セルライトによってデトックス機能が低下すると、老廃物の蓄積は加速し、さらにセルライトが発生してしまいます。まさに負のスパイラルです。

ハイパーシェイプ

株式会社ワムのハイパーシェイプ

セルライトケアに効果抜群のハイパーシェイプは、血液・リンパ液の循環を正常にし、デトックス機能を回復させます。

「むくみ」がひどくなってきたと感じたら、それはデトックス機能が低下しているカラダからの警告です。早めのケアを心がけましょう。

新商品発売中!!