カット出しのために食事で気をつけること【減塩・低糖質】

カット出しとは、筋肉の溝をくっきり出すためのダイエット法になります。

シックスパックがはっきり現れるので、魅力的なボディになります。

※女性の場合は縦線「アブクラックス」が現れます。

栄養としては高タンパク・低カロリーが基本です。参考:「カット出し」をするには高タンパク・低カロリーな食事を

本記事では、カット出しのため食事メニューで気をつけるポイントについて紹介していきます。

減塩

「カット出し」は筋肉の溝にたまる むくみを取ることが重要になります。よって食事で気をつけたいのは塩分です。

塩分の摂り過ぎはむくみに直結します。カラダには塩分濃度を一定に保とうとする働きがあるので、塩分を摂り過ぎるとそれを薄めるために水分を溜め込みやすくなるのです。

減塩を意識した食事を心がけましょう。

低糖質

脂肪の蓄積と分解は、血糖値でコントロールされています。

そのため、脂肪の蓄積を防いでいくためには糖質を抑えることが優先されます。

食事メニューの中では「炭水化物」が糖質になります。

低糖質のものが多く開発されているので、置き換えてみるのも有効です。

カリウムを摂る

例えばバナナには体内の塩分を排出し、むくみを解消するカリウムが豊富に含まれています。カリウムの摂取は運動中に筋肉がけいれんするのを防ぐなどの効果もあるので、おすすめです。

さらに、エネルギー代謝をサポートする栄養素も含まれているので、脂肪燃焼にも効果があります。

他にはスイカ・りんご・メロン・アボカドなどもカリウムが多く含まれます。

 

ハイパーナイフでカット出し

脂肪を温め・ほぐす『ハイパーナイフ』は、部分痩せなどに活用されていますが、今ではフィジーク・ボディビルダーさんの間でも話題を集めています。

対極板を使わないプローブは、ピンポイントな施術に使えるので、筋肉のカット出しに活用されています。(女性にはアブクラックス作りにも活用できます。)

ぜひ、活用ください。

 

【製品情報】株式会社ワムのハイパーナイフ 

 

スポンサーリンク