「カット出し」をするには高タンパク・低カロリーな食事を

高タンパク質食品

カット(筋肉が浮き出て脂肪が、少ない状態)を作るには高タンパクで低カロリーのものを食べる必要があります。また、飲み物に関しても糖分のないお茶、もしくは水またはブラックコーヒーなどを飲むのが良いです。

タンパク質をこまめに摂取して筋肉中にアミノ酸が常にあり、枯渇していない状態を保たなければならないと私は考えています。

低カロリー食品の摂取

次にカットを出す上で必要なことは摂取する食品が低カロリーであることです。低カロリー食品は総じて低脂質です。

豚の肩肉、牛ヒレ豚ヒレ、鳥胸肉、鳥ささみなど体作りをしていて尚且つカットを出したい方にオススメの食品です。

上記にはあげませんでしたが、皮を取り除いた鳥こもも肉は食べやすく、脂質も胸肉とささみよりも多いものの、少ない食品です。

低カロリー食品の調理

低カロリーの食品を口にするためには調理方法も大切です。一般的に調理方法は、

茹で→焼き→揚げ

の順番でカロリーが高くなります。せっかく低カロリーの食品を食べるのであれば当然調理方法は茹でを選択した方が焼いです。

味付けに関しても出来るだけシンプルに、ドレッシングやマヨネーズソー好き類を使わないようにすることをオススメします。

トレーニングでカットを出すために

カットを出すためには基本的に食事管理が最も大切です。カットが出ている状態は体脂肪率が低く、体内水分量も比較的に少ない状態です。カットを出すためには脂肪を落とすためのメニューを行ってみましょう。

脂肪を落とすトレーニングで代表的ななものは「有酸素運動」です。筋力トレーニングの後会話出来る程度のスピードで20分ほど行うと良いです。

 

ハイパーナイフでカット出し

株式会社ワムのハイパーナイフ

脂肪を温め・ほぐすハイパーナイフ。

対極板を使わないプローブは、ピンポイントな施術に使えるので、筋肉のカット出しに活用されています。

カット出しがうまくいかない!という方はぜひ、ハイパーナイフで脂肪を落としていきましょう。

 

安心してサロン選びをして頂くために…