マンション(住宅用物件)でサロンを開業するメリットとデメリット

自宅以外に住宅用マンションを借りてサロンを開業する方法があります。住宅用マンションの場合、営業を禁止しているところもあります。物件を借りる前に、営業ができるか否かをマンションオーナーに確認しましょう。

メリット

コストがかからない

商業用ビルやテナントを借りるよりも、保証金や家賃が低くなります。毎月のかかるコストを大幅に抑えることができるので、経営上の負担を軽くすることができます。

アットホームな環境

テナントのサロンが提供できる「高級感」ではなく、マンションならではの「アットホーム」でくつろげる空間をお客様に提供できます。
最近は、美容だけでなく「癒し」を求めてエステサロンへ訪れるお客様が増えています。あえて「隠れ家サロン」「プライベートサロン」を探している方も多いようです。

癒しの時間を提供し、うまくお客様とのニーズがマッチすれば高いリピート集客に繋げられます。

デメリット

適した物件が見つけにくい

サロン開業では、立地が集客効果を大きく分けます。駅近、商店街・商業施設付近など、人の集まる物件はやはり家賃も上がります。
せっかく良い物件が見つかっても、営業禁止のマンションだったりします。

また、施術中に隣の部屋から騒音が聞こえると、マイナス評価につながります。

借りる部屋の隣・上下の部屋から騒音がないかもチェックする必要もあります。

店舗が目立たない

置き看板・袖看板が出せないなど、宣伝手法に制限がつきます。人目につきにくくなり、集客が難しくなります。

無駄なスペース

バスルームやキッチンなど、どうしてもサロン運営に邪魔なスペースが出てきてしまいます。有効活用している店舗もあるようですが、一度に何人ものお客様を対応することは難しくなってしまいます。

予約時間に余裕を持つなどの工夫は必要になります。

リンク