自宅でもできる「蒸しタオル」による毛穴ケアの方法と注意点

毛穴の汚れを落とすためにエステサロンでもよく行われる「蒸しタオル」によるケア。実は自宅でも簡単にできるのでご紹介します。

毛穴ケアには「熱」と「蒸気」

蒸しタオルによるケアでは「熱」と「蒸気」を上手に利用できることがポイントです。

「熱」は皮下組織の血流をよくして肌の代謝を活発にし「蒸気」が水分を肌の細かい部分にまで行き渡らせることで毛穴を開き、溜まった汚れや皮脂を取り除きやすくしてくれると考えられます。

基本的な蒸しタオルケアでは、毛穴の汚れや角栓を優しく落としつつ、肌の水分量と皮脂量のバランスやキメを整える効果が期待できます。

蒸しタオルの方法

【洗顔】

洗顔料、または石けんを使って、しっかりと泡立てやさしく丁寧に洗顔します。メイクをしている場合は、先にクレンジングをしてください。

【タオル作り】

フェイスタオルを水に浸して軽く絞り、500W(または600W)の電子レンジで30秒〜1分ほど加熱します。

加熱し終わったら、火傷に注意しながらタオルを電子レンジから取り出します。

【蒸しタオル】

取り出したタオルをあごの下に持っていき、蒸気が出ているか確認してください。顔に触れても熱くない温度になったら、顔全体に両手で軽く押さえるように蒸しタオルをあて、そのまま3分待ちます。

【アフターケア】

3分後、蒸しタオルを外したらすぐに保湿ケアを行います。このとき、毛穴は大きく開いている状態です。冷蔵庫などで冷やした化粧水や美容液を使うと、毛穴の引き締め効果が期待できます。

十分にうるおいを与えたら、乳液とクリームでフタをしてあげましょう。

注意する3つのポイントとは

1.清潔なタオル(刺激の強い洗剤や柔軟剤を使用していないタオル)を使用する。

2.タオルを浸す水は、塩素の抜けた真水か、市販のミネラルウォーターを使用する。(水道水は使用しない)

3.蒸しタオルによるケアは、週に2回までにする。

注意点をしっかり守って、すっきり毛穴になる蒸しタオルケアを実践してみてください。

 

メディポレーション

株式会社ワムのメディポレーション

メディぽレーションに搭載されたスクライバーは、超音波により深い毛穴の汚れも落としていきます。

黒ずみが気になる方は、ぜひ試してみてください。

リンク