夏場のお腹の不調にはハイパーウェーブで腸セラピーを

夏場はお腹を壊しやすい

夏になるとお腹の調子が悪くなる方は、意外と多いのではないでしょうか?

夏場は高温多湿な状態が続きます。これは細菌が増殖しやすい環境のため、食べ物が腐敗しやすくなります。一般的に食中毒菌は、30〜40℃で最も増殖が活発になります。

悪玉菌

腸の中には善玉菌と悪玉菌がいます。これらの菌は腸内で共存していますが、健康な人の腸内は善玉菌の活動が優位な状態にあります。

ところが、善玉菌は低温になると活動が弱くなってしまい、悪玉菌が優位になります。夏場は、ついつい飲んでしまう「冷たい飲み物」の影響で、思ったよりも腸内は低温状態にあります。

この状態で食中毒菌などが腸内に侵入してくると、善玉菌が対抗できず一気に菌が増殖してしまいます。結果として、お腹を壊してしまいます。

腸内セラピー

エステサロンやリラクゼーションサロンでは「腸内セラピー」というメニューを提供しているところがあります。

これは、腸まわりのマッサージや、ラジオ波による温めによって腸の働きを活発にし、腸内環境を改善していくコースです。

 

ハイパーナイフによる温めも効果的なのですが「暑い時期に温めのコースはちょっと・・・」という方もいらっしゃると思います。

参考:ハイパーナイフで善玉菌の活動を促し腸内環境を改善する

 

ハイパーウェーブ

暑さの厳しい夏場では、EMSマシン「ハイパーウェーブ」がおすすめです。

 

ハイパーウェーブは、腹部に貼り付けたパッドからの刺激が、腸の形に合わせて動きます。6つのポイントを腸の形に合わせて刺激することでより、デトックス効果を促します。

腸のまわりの筋肉にアプローチし、腸の活性化をしていくことで、代謝アップ・免疫力アップなどの効果も期待できるので「腸内セラピー」されたい方にもおすすめです。

株式会社ワムのハイパーウェーブ

新商品発売中!!