【ほてり肌】夏の肌のベタつきを落とすコツ

日々の通勤や軽い運動などをした後に、余熱を持ったままお肌がベタつくのを感じたことはないでしょうか?

それはズバリ『ほてり肌』です!

ほてり肌とは?

湿気の多い梅雨から初夏にかけてなりやすいと言われています。日々の通勤やお買いもの、軽い運動などをした後に、肌が余熱を持ったまま引かず、汗や皮脂が分泌され続けてしまう状態です。

このほてり肌の厄介なところは、単純に顔を洗っただけでは爽快感が得られずに、ジメジメが長時間続いてしまうところです。

対策は?

そこでオススメなのが、首と足を冷やすことです。

冷たいお水で絞ったタオルを首に巻いたり、足に冷たいお水をかけて洗い流したりすると、一気にカラダの汗が引くことを実感できるはずです。

カラダの汗が引いたら、次に余分な皮脂を落とすことが大切です。

コツは、
まずカラダを冷ます→肌の皮脂を落とす

という順番です。

注意点

先に肌が余熱を持っている状態を冷ますことがコツですが、かといって 冷たい水で顔を洗ったり、冷風を顔に当ててはいけません。

冷水で顔を洗っただけではカラダの熱は冷めず、ほてり肌はぶり返します。冷風では肌の乾燥を招いてしまいます。

首や足首を利用してカラダから熱を冷ましていくことが重要です。

収れん作用のある化粧水もおすすめ

また、スキンケアとして 洗顔で汚れを流すのはもちろんですが、湿度や気温が高い時期は、収れん作用のある化粧水を使うことがオススメです。

お肌や毛穴の引き締めをサポートしてくれます。
化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのも有効です。

 

【PR】保湿美容液『メソセラムプライム』

ほてり肌によって、肌の皮脂も大量に流れ出てしまいます。皮脂には肌の水分の流出を防ぐ、保湿効果があります。

なんとなく湿度があって乾燥からは縁がないと思われる梅雨〜初夏にかけても、じつは保湿成分が不足する季節が続いています。

高保湿美容液『メソセラムプライム』で、保湿成分を補っていくこともおすすめです。(※冷蔵庫で冷やしても使えます。)

公式通販では、専用の美顔器を無料貸出しています。ぜひご活用ください。

>>自宅でもプロ水準のエステを!株式会社ワムのホームエステセット

 

スポンサーリンク