筋トレとハイパーナイフで痩せやすい質の良い筋肉をつくる

基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすのが手っ取り早いでしょう。

しかし、やみくもな筋トレによって筋肉量ばかりが増えてしまえば、筋肉による体重の増加やムキムキの腕・脚につながってしまいます。

筋肉は量より質

「量より質」という言葉があります。これは筋肉にも同じことが言えることなのです。

ダイエットで大切になるのは、筋肉ではなく筋肉が生み出すエネルギー量です。同じ量の筋肉でも、多くのエネルギーを生み出せるほうが、消費カロリーは多くなります。

よって、ダイエットを成功させ、スタイルを維持していくためには、カロリー消費量の多い質の良い筋肉を作ることが課題になります。

 

筋トレ後のマッサージ

カナダのマクマスター大学の研究チームによる細胞レベルでのマッサージ効果についての研究結果の論文が、医学誌「Science Translational Medicine誌」に掲載されました。

11人の男性をエアロバイク運動で疲労困憊させます。そして片方の脚だけマッサージを施し、もう一方の足はそのままにします。被験者の痛みがとれた時、マッサージした方のふくらはぎ、マッサージしていない方のふくらはぎの筋肉の細胞を190分後にそれぞれ採取します。

生体検査の結果、マッサージを施した方の脚は、筋細胞中のミトコンドリアの量が2倍近く増加していたようです。

ミトコンドリアの多い筋肉

e68

ミトコンドリアとは細胞中に存在する小器官で、熱などのエネルギーを生み出す働きを担っています。もちろん筋肉も細胞であり、エネルギーの生成はミトコンドリアが行っています。

全く同じ量の筋肉でもミトコンドリアの量が多いほど、消費できるカロリー量は多くなります。(=質の良い筋肉)

 

前述の実験では、マッサージしたほうの脚からは、NFκBという炎症を引き起こすタンパク質の減少も確認されています。

 

ハイパーナイフは、高周波によって筋肉を細胞レベルで効率よく温め、ほぐすことができます。対極板を使わないので、脚や腕などの施術が難しい部位をピンポイントにマッサージすることができます。

 

リンク