【手荒れを招く】感染予防にはなるけど間違った手洗いの常識

新型コロナウイルス感染予防のため、手洗いやアルコール消毒を心がけている人もたくさんいるかと思います。

が、それに伴い『手荒れ』に悩む人が急増しています。

その理由の1つが、間違った手洗いの常識です。

例えば、

  • 熱めのお湯で手を洗う
  • 頻繁に手を洗う
  • 爪を立ててゴシゴシ洗う

などです。

高温の水で手を洗うと、必要以上に皮脂が奪われてしまい、乾燥を招くことに繋がってしまうのです。

頻繁に手を洗ったり、爪を立ててゴシゴシと洗っていても、大切な皮脂や角質を落としてしまい、肌荒れを招きます。

もちろん予防にはなりますが、手荒れの原因にもなります。

正しい知識を

「水の温度は高い方がキレイに洗える」と思っている方も多いみたいですが、実際には大した差はないのです。

沸騰しているお湯だと、細菌を殺すことも出来ますが、それで手を洗うことは不可能ですよね。

ぬるま湯もしくは冷たい水でも大丈夫です。

ゴシゴシと強く洗わなくても、泡立てた石鹸で大部分の菌は落とせます。中性の洗剤を使うと、なお肌への刺激を抑えられます。

爪の間に菌が付着しやすいので、そこだけでも入念に擦るようにしましょう。

また、一度手を洗ったら1時間は間隔を空けるように意識してください。

保湿ケアもおすすめ

手荒れを防ぐために、保湿を行っていくことも重要です。

手洗い後に 市販のハンドクリームなどをつけるだけでも、大きな効果があります。

 

【PR】メソセラムで手肌ケアを

りんご幹細胞の配合されたメソセラムプライムは、肌再生を促し 手荒れを防止します。
感染対策の手洗いやアルコール消毒で、思った以上に手肌にはダメージが蓄積しています。

時々でも手肌ケアをしてあげると、手荒を防ぎ しっとりしたキレイな手に導いてくれます。

 

リンク