柿に含まれる3つの美肌栄養素と上手な見分け方

10〜11月にかけて旬を迎える「柿」には、美肌効果が期待される成分、肌にうるおいを与えてくれる成分、抗酸化成分など、美容や健康をサポートするさまざまな成分が含まれており、秋の美容食材にあげられます。

美肌効果が期待されている成分は以下の3つです。

1. ビタミンC

柿には100gあたりにビタミンCが70mg含まれており、これはみかんの2倍の含有量です。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、日焼け後の炎症やシミを抑えます。

2. β−カロテン

β-カロテンは、カラダの中に取り入れられるとビタミンAに変換されます。ビタミンAは皮膚や粘膜の生成に役立っているので、肌荒れや乾燥肌の防止にも効果があるとされています。

特に干し柿の場合は、生柿と比較して約2倍のβ−カロテンを含んでおり、効率よく摂取することができます。

3. L-システイン

アミノ酸の一種であるL−システインは、皮膚の再生を助け、ターンオーバーを整える効果があります。

すでにできてしまったシミを回復させたり、ビタミンCとともに、過剰にできたメラニンの生成を抑制したり、肌に沈着したメラニンを無色化してくれる働きも期待できます。

 

美味しい柿を見分けるポイント

どうせなら美味しいものを食べたいですよね。
柿を選ぶためには、下記5つのポイントを意識して選んでください。

  1. 固すぎず、柔らかすぎないもの
  2. ある程度の重さを感じるもの
  3. 全体にしっかりと色が入り、ヘタの周りも色づいているもの
  4. 皮にハリとツヤがあるもの
  5. ヘタと実の間に隙間がないもの

5は注意。ヘタと実の間に隙間がある場合は、虫に食べられてしまっている可能性があります。

柿は1日1個が最適

果物の1日の目安量は200g。これは柿1個分です。

また、柿に含まれるタンニンは食べ過ぎると、腸の粘膜が刺激され、下痢になることがあると報告されています。

 

メソセラム

list_img08

生コラーゲン美容液「メソセラム」はリンゴ幹細胞が配合され、お肌の新陳代謝を促進させてくれるので、お肌を守りながらお肌を美しくすることが可能となります。

秋のスキンケアに、生コラーゲンを使ってみてください。

リンク