安すぎる化粧水に効果はあるのか?

毎日使う化粧水。値段は安いに越したことはないですが、直接肌に使うものなので、安すぎると不安な感じがしますよね。

化粧水にかかる経費

化粧水は中の原料費以外に、容器代、パッケージ代、流通販売費、広告宣伝費などさまざまな経費がかかっています。

これを定価数百円で販売するには、

  • 販売数を確保する
  • デザインを質素にする
  • 箱の品質を落とす
  • 量産型の容器を使う
  • 広告宣伝をしない

など、費用を抑える工夫が必要になります。

安い化粧水は効果も薄い

ある程度のデザイン・宣伝費をかけた商品を、定価数百円で売るためには、有効成分を減らすしかありません。

そのため「綺麗なデザインだけど安い化粧水」あるいは「よく宣伝で見かけるけど安い化粧水」には、どうしても有効成分が少なくなっています。

 

パッケージには有効成分(ヒアルロン酸など)の配合を謳っているものの、ほとんどは水とグリセリン(保水成分)だけのものになります。

これって、ほぼ水を顔につけただけです。やはり、安すぎる化粧水には高い効果を期待できないでしょう。

高級な化粧水は効果抜群

数万〜10万円越えの化粧水・クリームなどもあります。豊富な美容成分が含まれているので、効果は段違いです。

ただし、スキンケアは日々の積み重ねが大切です。どんなに高い化粧水を使っていたとしても、継続しなければ意味がありません。

毎日高級な化粧水を使う必要はありませんが、なんらかの社交イベントが近い時、ワンランク上の美容液も利用してみてはいかがでしょうか。

メソセラム(生コラーゲン美容液)

list_img08

メソセラムプライムは、生コラーゲン・ヒアルロン酸・リンゴ幹細胞エキスがたっぷりと配合された高級美容液です。美肌・リフトアップ効果を驚くほど実感できます。

リンク