DMK(ケイ素サプリメント)で糖化による疾病の予防

今、美容・健康業界では「糖化」というキーワードが話題になっています。

糖化とは?

身体の中のタンパク質が余分な糖が結びつき、AGEs(糖化最終生成物)という老化物質が生成される反応を糖化といいます。

老化物質AGEsは分解されにくく、蓄積することで全身の老化を進行させ、体調不良や生活習慣病の原因にもなります。

糖化と酸化の違い

病気や老化の原因に「酸化」という現象が注目されていました。しかし、酸化と糖化はべつものです。

酸化は活性酸素により、劣化していくことから金属のさびを連想し「体がさびる」と表現されています。

それに対し、糖化は体温による熱が引き金になることから「体がこげる」とも表現します。

sabi_0101

酸化=さび、糖化=こげ を、イメージしていただくと良いでしょう。

ホットケーキのように、タンパク質を多く含む牛乳や卵に砂糖を混ぜて焼くと、こんがりと褐色に変化し美味しそうな香りを放ちますが、この反応こそが糖化です。

 

糖化による体への害

糖化によって生成されたAGEsが真皮のコラーゲンに蓄積すれば、肌の弾力が失われてたるみやくすみ、シワへとつながってしまいます。

血管に溜まれば動脈硬化、骨なら骨粗しょう症と、AGEsはあらゆる組織や臓器に影響を及ぼします。

糖化の原因

糖化は、血糖値の急激な上昇の繰り返しや慢性的な高血糖状態、さらには、糖とタンパク質との接触時間が長ければ長いほど進んでいきます。

加齢はもとより、不適切な生活習慣によっても糖化は進行していくのです。

糖化の対策

  • ゆっくり食べる
  • 食事は抜かない(1日1食よりも2食、2食よりも3食)
  • GI値の低いものを多くする
  • 食べる順番に気を付ける(野菜→ご飯)
  • 炭水化物(糖質)を摂り過ぎない
  • 食べ過ぎない
  • ストレスの回避・解消
  • 適度に運動する
  • 抗酸化物質の摂取(ビタミンC、E、カロテン、ポリフェノールなど)
  • 抗糖化物質の摂取(ハーブ類、米糠など)

食事の内容や方法を見直すだけでも、大幅に対策できます。

 

DMK(ケイ素サプリメント)

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

コラーゲンや骨の栄養素となるケイ素は、弱くなった血管や骨を強化する事で、老化から起こる様々な疾病を予防する事ができます。

炭水化物・甘いものが好きな人は、特に注意していきましょう。

リンク