「肌がたるむ?」コスプレで頻繁にテーピングをすることのリスク

コスプレのクオリティを上げるアイテムに「テープ」があります。

頬や輪郭の肉を引っ張り挙げることで、「小顔に見せる」「フェイスラインを調整する」というもの。

いいこと尽くめに思えるテーピングですが、続けていると顔に悪影響を及ぼすこともあります。

テーピングのリスク

テープで肌を無理に引き上げているので、高い頻度でテーピングをしていたら肌が伸びて顔がたるむようになってしまう可能性があります。

また、顔のエステに行った時に「頬あたりに変なクセができている」「顔が変に引きつっている」と言われた……という方も見かけました。

頻度に注意

瞬間的に小顔効果を得られるため積極的にテーピングをしてしまいたくなりますが、こういったリスクもあることを踏まえておきましょう。

ここで注意が必要なのは「頻度」です。

月に1回、6時間程度であればそこまで問題はないかもしれませんが、毎週末コスプレをしていて毎回テーピングをしている、、、と言う方は注意して下さい。

高い頻度でコスプレをする場合は「フェイスラインの出るキャラの時だけテーピングを行う」など、上手くテーピング回数を減らすことをおすすめします。

 

【PR】ハイパーナイフでフェイスラインを整える

リスクなくフェイスラインを整えるなら、ハイパーナイフがおすすめです。

「1回で結果が出る」と話題のエステマシンで、フェイシャルエステにも使えます。

高周波の熱により、頬や輪郭の余分な脂肪を落とすことができるので、イベント前のフェイスライン調整に活用できます。

ぜひお試しください。

製品情報:株式会社ワムのハイパーナイフ

 

リンク