焼肉?しゃぶしゃぶ?ダイエットに効果的な「肉・魚」の調理方法

ダイエット中も、タンパク質が多く含まれる肉や魚はきちんと取ることは大切です。タンパク質を摂取し代謝を上げ、消費カロリーを保つことは常識です。

しかし、肉や魚は調理法によって、ダイエット効果に差が大きく出ます。

本記事では、定番の肉&魚料理からよりヘルシーな調理方法をお伝えします。

焼き肉 or しゃぶしゃぶ

ダイエットに効果的なのは焼肉です。

お肉は「ゆでる」よりも「焼く」ほうが脂が落ちやすいのです。ゆでる調理方法では10~20%しか脂が落ちない一方、焼くことにより30%近く脂が溶け落ちます。

また、焼き肉に行った際は、脂身の少ない牛タン・ロース・ハラミなど赤身肉を選ぶと良いでしょう。

参考:ダイエット中の焼肉はどれから食べるのがおすすめ?

白身魚フライ or 赤身肉のステーキ

ダイエットに効果的なのは赤身肉のステーキです。

白身魚と赤身肉はどちらも高タンパク・低糖質でダイエットにオススメの食材です。しかし。その調理法には注意が必要です。

パン粉(炭水化物)をつけて油で揚げた白身魚は糖質量が多くなってしまうんです。ちなみに調理油の糖質はほぼゼロです。

そのため、シンプルに焼いた赤身肉の方がカロリーを抑えられます。

こんな部位がオススメ

▼肉なら・・・

  • ササミ
  • 鶏もも(皮なし)
  • 牛すじ
  • 牛モモ
  • 牛ヒレ
  • 豚ヒレ

▼魚なら・・・

  • マグロの赤身
  • カツオ
  • タラ
  • イカ
  • タコ
  • エビ

じつはイカやタコなどの魚介類は、超低脂質なのに豊富なタンパク質を補給できます。

もちろん、肉も魚も単品で食べるのではく、野菜を一緒に摂るなどしてバランスを心がけましょう。

DMK(ケイ素サプリメント)

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

もちろん脂質もカラダには必要な栄養素です。全く摂取しないのはNG。

DMKは水溶性ケイ素により油を分解しやすく乳化させ、脂肪としてカラダにつくことを防いでくれます。

スポンサーリンク