老化の原因の8割は紫外線によるダメージ(光老化)

光老化

紫外線は皮膚の奥深くに入り込みじわじわとダメージを蓄積します。

紫外線を浴びた直後のダメージを「日焼け」と呼びます。これに対し、じわじわ蓄積されるダメージを「光老化」と呼びます。

この蓄積されたダメージの結果によって、しみ・しわ・たるみが引き起こされます。

 

実は肌の老化は、加齢による自然老化は2割程度にすぎず、8割は太陽光線の影響によるといわれているのです。

高齢者の肌でも、太陽に当たっていない部分、例えばももの内側の肌などは、白く柔らかく、細かいしわはあっても深いしわはないものです。

紫外線対策は徹底的に

朝起きる
→家事をする
→スキンケア
→外出前にUVカット
→メイク
→外出
このようなパターンが多いのではないでしょうか。

美肌の人は朝起きたら洗面所に直行し、洗顔→スキンケア→UVカットをしてから家事をはじめます。

家の中でも紫外線

紫外線は直射だけでなく、反射・散乱によっても家の中に入ってきます。洗濯物干しやゴミ出しのちょっとした時間でも、素肌を紫外線にさらさないように気をつけましょう。

ほんの少しの時間でも、365日積み重なれば大きなダメージになります。

365日24時間、徹底的に紫外線対策をしましょう。

 

 

list_img15

DMKスティックには「ハスの花エキス」が配合されています。ハスの花エキスに含まれるアルカロイド成分は高い美白効果とメラニンの生成を抑制する効果があります。

多くのお客様から「食べる日焼け止め」としてご愛用されています。

安心してサロン選びをして頂くために…