sns広告でクリック率を上げるコツ「シズル感」

SNS広告のクリック率を上げるにはコツがある

広告にあえてお金をかけないことです。
もちろん広告費は掛かりますが、snsの単価はそもそも安いです。

具体的にはデザイン費を節約します。つまり、広告デザイン自分でします。

クリック率の高い広告は自作できる

広告のデザインには、店舗や施術風景の撮影や、コピーライティング、画像編集などを合わせると、5〜10万円はかかります。季節ごとキャンペーンごとにデザインを変えるとなると、意外と大きな出費です。しかし、クリック率の高い広告は自分でも作成できます。

クリック率の高い広告は以下のような共通点があります。

・スマホで撮影する。
・写真は加工しない。
・コピーは最低限。

スマホで撮影する

Stage_vector3 ad-ex2

どちらのほうがクリック率が高いと思いますか?

snsに関しては右のほうが2倍も高いクリック率でした。SNSはスマホで撮影した写真の投稿にあふれています。

そんな中にプロの撮影・デザインした画像が現れれば非常に目立ちます。

また、SNSはだれでも気軽にアクセス・交流できる場であり、そもそも広告の印象自体あまり良くありません。

写真は加工しない

綺麗な加工されたデザインの画像を見て「あ〜これ広告だな」と画像を見ただけでスルーしてしまう経験もあるのではないでしょうか。

初心者がスマホで撮影し、特別な加工をせずに投稿した写真はSNS上のタイムラインにうまく溶け込みます。

「あ〜これ広告だな」というイメージを払拭できるだけで、お客様の目にとまる確率は大きく上がり、クリック率も大きく変わってきます。

ちなみに、写真用語で『シズル感』と言います。

セミナーや本でも当たり前のように使われているので、覚えておきましょう。

コピーは最低限

コピーも最低限の内容にしましょう。ホームページのタイトルや説明に使っている内容を引用しても大丈夫です。コツはいくつもPRしないことです。

自分で広告画像を用意するのなら、季節ごと、キャンペーンごとに写真を差し替えることができます。さらに、反応率を見ながら広告画像を変えていく「チェック&アクション」も容易に行えます。これは広告を成功させるために一番大切なプロセスです。

ぜひ、sns広告のデザインは自分で行いましょう。

リンク