お金をかけずに美肌を手に入れる「睡眠美容」

美肌のための適性湿度は65~75%

冬は1年でもっとも肌のトラブルが起こりやすい時期です。きちんとケアしているつもりでもカサカサに乾燥したり、くすみや目の下のクマが目立ったりする人が急増します。

みずみずしい肌でいられるために適した湿度は65~75%といわれています。ところが、12月は昨年の記録をみると平均湿度(東京)は59%です。これでは、肌が乾燥しても不思議ではありません。外だけでなく、室内にいてもエアコンなどにより、肌の乾燥は進む一方なのです。

さらに、冬は気温低下にともない、私たちの体内は血行が悪くなります。肌のくすみや目の下にできるクマといった悩みも増えることになるのです。

眠りはじめ3時間がポイント「睡眠美容」

お肌の天敵となるシーズンにお金をかけずにできる美容法が「睡眠」です。グッスリ眠っているだけで、美肌を手に入れることができる「睡眠美容」という方法です。

睡眠と美容には深い関わりがあります。とくに、眠りはじめの3時間を途切れさせずに深く眠ることが大切です。

肌の細胞の新陳代謝をうながす物質「成長ホルモン」は、1日分の約70%が睡眠中に分泌されているといいます。しかも、6~7時間の睡眠時間のなかでも、眠りはじめの3時間がもっとも分泌が活発な時間帯。

つまり、眠りはじめの3時間にグッスリ眠るようにすると、古くなった細胞が新しい細胞にスムーズに入れ替わり、美肌をつくる、ということになるのです。

眠りの質を高める

湯船に浸かって体を内側からしっかりと温めるバスタイムや、あたたかいハーブティを楽しむリラックスタイムを習慣にするなど、寝る前のほんの少しの工夫で眠りの質は高まります。

寒い季節だからこそ、意識してグッスリ眠ることを心がけ、みずみずしい美肌を保ちたいものですね。

参考に:睡眠の質を上げるために寝る前にやっておくべきこと

 

メソセラム(生コラーゲン美容液)

list_img08

寝る前のスキンケアは美肌作りに欠かせません。

生コラーゲンをたっぷり含んだ美容液「メソセラム」をぜひ試してみてください。

 

リンク