スキンケアをしても効果を実感できないのは「肌感度」が低いのかも

スキンケアの効果があまり感じられなくなった、と思ったことはありませんか?

肌がスキンケアに対して、正しい効果を感じる力のことを「肌感度」といいます。

じつは、この肌感度の高さは、悩みやトラブルのない健康で美しい肌にもつながっています。

肌感度を高める5つの習慣

【1. レコーディング】

肌のコンディションで、良くなったこと悪くなったことと、その原因として考えられることを手帳やスマホに記録していきましょう。
例えば、新しいスキンケアアイテムを使った、食べ過ぎた、生理がきたなどなど。

自分の肌と向き合う大事なきっかけになります。

【2. マッサージ】

スキンケア成分を浸透させるためには、肌から脳へ→脳から肌へ「スキンケア成分を浸透させろ!」と指令を出す必要があります。
この情報を感知する機能を高めるためにはマッサージが効果的です。

【3. ミトコンドリア】

感覚神経が感知した情報を伝達し、感じるためには大量のエネルギーが必要です。エネルギーを産生するのは細胞内のミトコンドリアです。

ビタミンB2を多く含むレバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、葉菜類などは、ミトコンドリアを保護してくれるので、肌の細胞エネルギー効率をあげ、肌再生(ターンオーバー)につながります。

【4. 香り】

ストレスでみだれてしまった女性ホルモンを調整してくれるのは「香り」です。自分が好きな香りを選ぶことが大切ですが、スイートオレンジの香りには、女性ホルモンの揺らぎ幅を整え、自律神経を整えてくれるのでおすすめです。

【5. パッケージ】

化粧品・スキンケア商品などは、お洒落なデザインの容器が増えています。
近年はパッケージに触れることの大切さも考えられているのです。

毎日使うものだからこそ、手に取った時の感触が心地よいものを選びましょう。

自分の肌と向き合うスキンケアタイムに自然と入っていけるようです。

メンタルケアにも気を使う

肌感度の向上は、神経細胞へのケアが中心になります。ストレスや睡眠に気を使うだけでも、大幅に改善されていきます。

いわゆるメンタルケアも美肌には欠かせないのです。

 

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

全身の血行を促進することで、リラクゼーション効果も発揮するハイパーナイフ。リラクゼーションサロンでは、メンタルケアにも活用されています。

もちろん、フェイシャルにも使用できるの、肌の感受性アップにつながります。

ぜひ、ハイパーナイフで肌感度を高めていきましょう!

 

新商品発売中!!