お客様は常に他のサロンさんに取られる可能性がある

あなたのサロンにも「他のサロンに行ってる(過去に行ってた)」お客様が訪れたことはあると思います。

ホームぺージから来たのか、チラシを見たのか、あるいは口コミで来店されたのかはわかりませんが、あなたの集客活動は成功したわけです。

逆に言えば、まさに同じ理由であなたのサロンのお客様も、常に他のサロンさんに取られる可能性があるということです。

このことを忘れずに自分のサロンへの「囲い込み」を常に意識していかなければいけません。

いつ、お客様は他のサロンに行ってしまうのか?

現在あなたのサロンに通っているお客様が、他のサロンに行ってしまうケースはさすがに少ないでしょう。

では、どのタイミングでお客様は他のサロンの集客活動に乗っていってしまうのでしょうか?

それは、以前は通っていたけど今は通っていないタイミングになります。

「…その人達って、今はうちのお客様じゃないよね?」

なんて思う方がいると思います。これはちょっと残念な考えですね。

リピート来店の可能性

あなたのサロンにだって、毎月再来店(リピート)されるお客様はたくさん訪れているはずです。

こういったお客様がいてくれるからこそ、サロン経営は安定します。

今はもう来店していないお客様だって、あなたのサロンのお客様にカウントしていいのです。

そんな大切なお客様が他のサロンの集客活動にもっともハマりやすいのです。あなたのサロンの安定経営のために、なんとかしてこの人たちを他のサロンの集客から守っていかなくてはいけません。

具体的に何をすればいいの?

  • ニュースレターの定期配送
  • 年賀状や暑中見舞い、誕生日などにハガキを送る
  • DMや手紙を送る

最近ではSNSを活用したアプローチもあります。

  • LINE@にメッセージを送信
  • Facebookページの記事を更新
  • youtubeチャンネルに動画を投稿
  • インスタグラムやtwitterなどの投稿

こういった手法を使って、定期的に「思い出して」もらっていれば、他のサロンからの集客のチラシなどが入ったり、ホームページを見たりなんかしても、ちゃんとあなたの院に戻ってきてくれるようになるのです。

なぜなら、はじめて行くサロンより一度行ったことのあるサロンの方が圧倒的に安心できるからです。

 

リンク